2007年12月13日

電気羊に連れられて 今日も心の穴埋め作業 埋めると別の穴ができてる

机の上がキップルキップル。助けてください電気羊さま。

死んでも直らない種類のあれだね。

相変わらず、書き散らしですみません。どこかに書きたいんです。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
まあ、ここ数年の尻拭いのために英語を書いているわけですが、
後から見直していて、 "... in these days." なんて文を書いていたのを発見。

もしかしたら、ロバートおじさんの文章を読んでいた影響かと思ってみたけど、
そんな表現があった気はしないので、たぶんあまり関係ない。あれは18世紀でしたか?

以前は解説とイントロを飛ばして Chapter I か II の途中までよんで放置したんだけれど、
今度は頭から始めて、解説とイントロの大部分まで読んだのだ。
解説あたりに件の表現が出てきたのかもしれない。

そんなことより、ついさっきイントロを読み終わったのだが、
ピーター(?らしき遭難者)死んじゃった……
ロビンソンも、ガリバーも最後に帰っていくのに……
ロバートおじさん(?らしき人)と最後に会えたからまだよかったけど。


まあ、英語に関しては、私の頭がゆるいだけ、というのがいつでもどこでも正解である。
よく見返してみたら、in の後に名詞句を入れるつもりで放置していたところだった(何


あ、ちなみに、

ユートピア旅行記叢書
7  ピーター・ウィルキンスの生涯と冒険
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/9/0260970.html

が大学の図書館にあることを確認し、現物も触ってきたので、
いざとなれば日本語版も読める。
卒業後の使用では貸し出しはできないらしいが、一安心である。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
皆さんお気づきのことかどうかは知りませんが、
私がブログの記事を書くのは、私生活で何らかの感動をおぼえたときなのです。
ゲーム、小説で受けた感動のこともあれば、
道端のスズメに物を教えてもらった感動のこともありました。

さて。


いつのことだか思い出してごらん。

Pop'n Music を始めた頃から目標の一つだったのが、
TRANCE[Foundation of our love](Hyperでしたっけ?) Lv30
なのですが、
11/30 18:48 ごろ、ついに一応クリア!
覚えている限りだと、BAD15.
しかし、もう一度やれといわれたら俺涙目。

しかも、眠気でやや朦朧としながらのプレイ。よくクリアしたな俺。
というか、よく生きていた、と感心したい。
バージョンアップや筐体の調整で、判定が良かったのかもしれませんが、
ひとつ壁を越えました。


後日、いくつかの筐体で試したところだと、
使い慣れた常連の筐体で、かつ、直前の曲で
キャンディポップにHI-SPEED 4.5倍をかけて目を慣らしておくとなんとか、
というところでした。筐体が違っても、直前で緩めのスピードをプレイしても駄目。
修行不足なり。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
最近のやっちゃった感:
ブログへのリンク元をチェックしていたら、検索キーワードが大変なことに。
「フロイト 発達段階 うんこ」
……うん。勉強熱心でよろしい。「うんこ」って。

なんでもかんでも性欲、って呼んじゃうけど、
多くの場合にはそれは自他への興味、とでも呼ぶべき形態をしている気がするんだよね。

後々の発達段階で性愛の形をとるはずだから、敢えて性欲と言っているのかとも思うけれど。
いや、詳細は知らないのですみません。

あとは、「美女 狐」ってのも驚いた。
つれたつれた(ぉ
7巻はアキバヨドバシで買って、今積まれています。

さらに、「スキヤポデス」で来てくれた人から逆にたどって、
http://myshop.7andy.yahoo.co.jp/myshop/kitutuki?shelf_id=08
> 幻想博物誌
>
> 渋沢竜彦/著、河出書房新社
> 価格:515円
>
> 表紙の一本足で大きな足をしている人間をスキヤポデスと言い、大昔ヨーロッパ人がインド人をこんな風に想像していたということです。インド人が日傘をさして歩いていたのを勘違いしてこのような姿だと思い込んだのではないか、ということでしたが。このように、架空の民族を生み出す人間の想像力というものは、面白いものです。未知の世界があまりなくなってしまった今、こんな生き物を考え出したということを見てみるのは面白いですよ。
なんというか、以前にも書いたかもしれませんが、勉強になります。
知るとは斯くも幸福なこと。
山海経なんかも読みたいけどねー。

「せびり屋の理髪師」で来た人はいなかったなぁ(当たり前


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
英文学はまだしも、
せめて映画のキャノンボールも観ておきたいか。
なぜ、この形の物語が面白いのか気になる。
さすがにチキチキマシンはちょっと無理かなぁ。

電気羊も途中までだが、コードウェイナー・スミス「クメルのバラッド」も必要か。
うう、タスクが分散しすぎてスラッシングもいいところ。

ホルヘ・ルイス・ボルヘスはどうしよう……

SF用語辞典<超初心者編>
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4011/sfdic.htm

ここはかなり役に立つな。φ(.. )メモメモ
吾妻ひでおさんの「不条理日記」って面白いの?

さて、私はいったい何をしているのでしょうか?(ぉ


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
ういうああ!
ささやくあいてもいませんがなにか?(泣

あーもう。この心の穴は埋まることがあるのだろうか。
とりあえず、「我はロボット」は読了しなおしたので、
DVDをレンタルして、観ずに返し(!?)てしまった "I,Robot" を観たいね。

ロボット3原則はまあトリックに過ぎないわけですが、
アジモフさんはすごいですね。
完全学習型ないし遺伝的プログラミングの究極系の、
陽電子頭脳とあわせて、すごいいい設定だし、
考察もかなり共感できる。

それらのトリックは実は、
# 実は、も何もない
時に非人間的ながら、人間性を描くためのものだったと思うのだけど、
"Liar!" は痛恨だった。

ハッピーなお話が大好きな私は、やっぱり前半のエピソードが好きだけど、
しかし、こうも萌え萌えなのはどうにかならないものか。
スピーディもけなげだし、キューティはむかつくし(ぉ
ロボット馬の会話センスとかありえないぐらいかわいい。
以前読んだ絵本は「赤いロボット自動車」と「ロボット自動車・サリイ」のどっちだっただろうか。
別のアシモフ絵本もありましたっけ?
#「サリイ」の方の様な気がするな。

しかし、SFものに出てくる二人組みってのはいつも
冷静頭脳派と直情肉体派な気がしますね。ヒノシオもそうだし。
あ、別にSFに限らないか?
「相棒」なんかはそうか。
「ダブルス」はちょっと違うかな。
「ツインズ」もある程度そうか。
話を組み立てやすいのかなぁ。

あと、なぜか、「火の鳥」に出てくる方もロビィという名前だと思っていたら、
完全な記憶違いで、あっちはロビタでしたね。しかも、ロビィはハッピーエンド。
ロビタはレミングスエンド(違


今読んでいるのが「狼と香辛料IV」。2chの工場長スレはネタバレがあるので、
最新刊に追いつくまで、ちゃんとは読めないなぁ。
積まれているのは、フルメタ「極北からの声」他いろいろ。
買っていないものまで含めると、しぬる。


結局、子供向けのものでしか読んでいないので、
メアリ・シェリー版のフランケンシュタインも読みたい。
あ、チャペックも読まないと。ああ、荒野の蒸気{男,娘}もまだだ。
やっぱりしぬる。はやくにんげんになりたい。

ああ、衛藤ヒロユキさんの新作もありましたね。あれは連載?
ウサギテレビは「野生のテレビ局」がツボでした。


posted by Hacky=SugarSun at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

アリスとESPいじめられっこ 制動器のない趣味 子供と焼き鳥の話 要するに狂気のはなし 読むと本当に気持ち悪くなるかも

ども。いかれ帽子屋との区別が難しい、いかれ文章の生成器と化して久しい私ですよ。

しかし、三月のウサギやら帽子屋さんがいかれている人たちの代表になっているのは、
今の私たちからすると、単純にパロディ(ないしジョーク)におもえるのですが、
某ロリコン疑惑の数学者の人は、どこまで我々と同じ意識を持っていて、
どこからが違う意識だったのでしょう? 単なる言葉遊びの範疇?
いやはや、英語版アリスも結局読んでいないし、真っ当な研究でも探してみますかね。
簡単に読めるものをご存知であれば、どうぞ教えていただきたい>all

三月じゃなくて、五月に狂うのはなんの鳥でしたっけ?
結構一般的な行動なのでしたっけ?
ツバメ、ヒバリ、ウズラ、とか三文字の名前だった、ような?
私の名前に関する記憶ほど当てにならないものはないからなぁ。
うー。ちゃんとした記憶が保持されていないなぁ。

ごめん。ヤマネはあんまり印象にない(ぉ


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
伝えるべきことを必要最小限の言葉で伝えるのが、良い言葉の使い方だ。
という説があります。
その説にたてば、私の文章は明らかにごみの山。

一方で、木の葉を隠すなら森の中、という説もあります。
その説にたっても、肝心なものを隠せていない私の文章はごみの山。

前節のような導入なんて、このブログ的には使いまわしだし、
べつにどこの誰が読んでも有意なものでもないだろうし。だめだねー。

まあ、何かの記録ぐらいの意味はあるかも。
というつもりで、以下は連想強連結成分からなる、いろんな意味で産業廃棄物。

そのうちに意味あるようにまとめられるといいですね(夢想


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
11/16 絶対可憐チルドレン 11
はたまたまたま見かけたので、その後購入。
相変わらず、同人的表現の宝庫で、私はしゃーわせである。

ちなみに、
キャリー - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD2172/index.html
は地上波で放送されていたのを観ました。
女の子ガクブル、女の子怖い……女の子嫌い……(違う


クリエイターだから為せる救済、ってのもあるんでしょうね。
絶チルにそういう意図があるのかは知りませんが、
(そもそもこのキャリーが元ネタかどうかが不明)
映画のキャリーが陰の救済なのは間違いないでしょう。とおもう。

人を鍛える……違った、人に優しく、自分を鍛える。がんばろうね。
悲しい人は少ないほうがうれしい。

あ、ウサギテレビ単行本買ってますよ。


これだけ読書で苦しんでおきながら……どうにも懲りてないらしい。
私は馬鹿だとしか言いようがない。どーすりゃいいんだ。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
上記は最近こんな本を買ったよ報告ですが、いったい私は、
どれだけのリソース(具体的には親の懐から出ている金銭の一部かも)を
趣味に費やしているのでしょう?

ためしに、
大洋社 http://www.taiyosha.co.jp/
(普段から、新刊情報などでお世話になっています。謝)
の12月分新刊情報を参考に、私が購入したいものを簡単にリストアップしてみます。
これで、ひと月に出現する誘惑要素の量が評価できるでしょう。

- 07 徳間書店 徳間文庫 秘曲 笑傲江湖(7)鴛鴦の譜 金庸 \840
これは買うって言った。狐の人がすべてに決着を付けるんでしょう。
偽君子剣の人はもうあきらめたので、平ちゃんは救われてほしいなり。
だめかなー。

- 10 メディアワークス発行/角川グループパブリッシング発売 電撃文庫 狼と香辛料(6) 支倉凍砂 \599
はいはい、まだ4巻までしか買っていませんよ。まだ4巻は読んでないですよ。
この話は後述。

- 14 学習研究社 まんがサイエンス 11 あさり よしとお \820
これを買わないことがあろうか、いやない(反語
ちなみに、私は経済的な理由(だと思うが)で6年の科学だけは購読しませんでした。
まあ、兄弟複数いて、みんな「科学」を購読してるものだから、
毎年同じような付録がついてくることが明らかだったこともあるのでしょう。
でも、当時の両親には少し文句を言いたいなぁ。
月1000円くらい出してほしいわがまま。
# その反動で、まんがサイエンス単行本は全部買ってるんだから駄目だこりゃ。

- 20 集英社 スーパーダッシュ文庫 鉄球姫エミリー(2) 八薙玉造 \未定?
なんと! そのまま続編? 爺さんはまず間違いなく死んでいるとして、
アル&ジュが本当に死んでしまったのかどうか。うー。
1巻の時点では、エミリーの性格が先導するコメディと、
ぐちゃぐちゃと死んでいく戦闘シーンが魅力。ぐちゃぐちゃ。うん、これは魅力。
何だかんだといって、味方も、モノによっては敵も、死なないのが、
よくある少年少女向けファンタジーだと思う。自分もそういうのを読む。
でも、たまにはきっついのもいいと思う。でも気をつけてね。

- 20 富士見書房 富士見ファンタジア文庫 魔法戦士リウイ ファーラムの剣 神代の島の魔法戦士 水野良 \588
結局、水野さんを追いかけてはいます。フォーセリアでいうと、
このリウイシリーズの途中から、雰囲気みたいなものが変わっているので、
ちょっとなんだか。ライトな風味が強くなった感じ。友野さんはどうしようかなぁ。
いまでも一応、連想はそっち。
最近は、某ゲームからはじまったマイブームで
別口の連想も強くなってきているんだけど。

- 25 メディアファクトリー MF文庫J ゼロの使い魔(13) ヤマグチノボル \609
タバサ2巻買ってないや。えうえう。今度はどんなネタなんだろう。
タバサよりは展開にバリエーションが期待できるので、本編のほうが期待度は高い。
でも、風呂覗きはタバサ。
# ああ、また誤解を招く。

ここまでの合計で4000円ほど? これが最低ラインだとしても、
笠井潔さんの九鬼っちの冒険シリーズも読み始めちゃったし、
まあ、平均すれば、
毎月 10000円から多くて20000円ぐらいは何か趣味に使っているのだろうか?
高いのやら、安いのやら。読書はコストパフォーマンスとして、
かなり良い線いっている趣味だと思っているけれど、
狂い始めると、どんなものでも駄目でしょうね。ああ独身貴族の狂気。


あとは、
- ハーレクイン社 HQファスト・フィクション ジェイン・エア シャーロット・ブロンテ
- 超鋼女セーラ
- とある魔術の禁書目録
- 創元SF文庫 銀河英雄伝説
なんかは、興味はあるです。購入までの動機はないけれど。
銀英伝は一応全部読んでるし。


さらに、付け加えて、青い空に心狂わされた結果、
Amazon.co.jp: ディファレンス・エンジン: 本: ウィリアム・ギブスン,ブルース・スターリング,黒丸 尚
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%B3/dp/4047911917
をどーしても読みたいわけですが、古書しかない。絶版したもとい絶望した。

うー。ニューロマンサーは結局買ったのか? 買ってないのか?
自分の記憶がまったく信じられない。というかどっちかわからない。
役に立たない脳みそである。オズの大王様に脳みそでももらいにいくか。


ちなみに、てんたまに心狂わされた結果、
以前もおかしなエントリを書いたわけですが、
ピーターと翼ある彼女のロマンスの1巻が
http://www.gutenberg.org/
にありましたので、ちまちまと読んでいます。ってことはもう書いたっけ。
夏に加熱暴走した際にも読み始めていたのですが、
いくつかに分けて携帯に転送して読んでみたところ、
分割が大きすぎたため、とても読みにくく、放置していたのでした。

で、狂気に押され、
メール経由できわめて小さな一部分ずつ取り寄せ、編集できるように、
無駄に procmailrc の魔法と、perl スクリプトとか書いたりしました。
現在のところ、以前のやり方よりははるかに楽なので、読む分にはストレスなし。
パケット代が心配だったりして。もともとほとんど使わない人間だったから。

あ、あと、分割スクリプトはC++だったり。

好きなことに関しては手が動く。あほのこです。
取り組んでいる研究だって、好きなことのうちのはずなんだけど。
趣味に費やすリソースといえば、時間資源も馬鹿にならないはずなのに。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
劇場版「空の境界」
http://www.karanokyoukai.com/
もうすぐですねー。

ちなみに、笑傲江湖にも、両儀大極ネタは出てきたのですよ。

見に行くかどうかは ? だけれど。
また、暴走してとりあえずチケット確保してから、
行くかどうか決めてみようか(究極馬鹿

らっきょでは、臙条くんの描写がもっとも好きな部分です。
共感こそがコンテンツ消費者の最善姿勢だと思っているので、
最も共感できたのが彼の心理描写だ、ということなのですが。
ま、その話はまた今度でいいですかね。

正直、全7部作って危ない橋のような気がするんだけど、
エヴァンゲリオンリメイクの評判も、私の事前の無情報での印象より良かったので、
これも良いところいくのかもしれない。

いや、ちょっとまて、ふじのんだろう常考 >俺


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
いろんな意味で、コンパイルが倒産しちゃったのは残念ですぅ(まだ引きずっている
てゆーか、Disc Station? メイド絵師は Disc Stationの作品に関わっていたのかなぁ。
実家に帰ったらひっくり返してスタッフクレジットでも確認するか?

元コンパイルスタッフの名前を、(コンパイル以前、以後ともに)
たまに別のところで見かけて、wktkしたりしたこともありますけどね。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
既に赤い火にも襲われて。心狂わされて。
追い詰められて、青い空のFDを買っちゃって、
FD の前に EX しないといけないので、もっと追い詰められて。
全探索は完了して、EX を手には入れたけれど、さて。
気付いたらFDコンプリートまで後1枚。
資料集もまあ、買うのかな。ね。

と、追い詰められる追い詰められると外的要因の振りをしながら、
自分を追い詰めているのは自分自身に過ぎない、
という典型的セルフアンコントロール人間でごめんなさい。


青い空に心洗われたカタルシス。マジであれは気持ちよかった。
産業化近現代的カタルシスのひとつの極みかとも思える。な。
実家の近くの湖も、歴史的にはそういう場所でもあるし。
うーむ。赤い火も同じように私を灼いてくれるだろうか。まだ殆ど触ってない。
コメディラインのイラストwktk

Visual を見ていると、
やっぱり森も買わないとすべては始まらず終わらない気がしてきた。
こっちは倒れませんよーに! 儲乙!


でもさ、環境破壊を止めるために緑地を買いまくるのはどうかと思うけど。
まあ、ある程度確保した後に、社会的な運動も始めるんだろうけどね。
あの人のことだから。


支離滅裂。でもいーんだ。意図的だもん(はぁと


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
青い空の話ですが、シェロブチルドレンやら、トカゲの子、♀魚ベイビーは、
ヴィジュアルとして出ず。描かなかったのか、間に合わなかったのか。
思い出にあったっけ? なかったような。
ま、偏見込みで、鳥雛ちゃんたちがかわええのはしゃーないしゃーない。
だってかわええじゃないか。
と思っていたら、シェロブチルドレンは炎に登場。
あのシェロブとは違うものかもしれないけれど、子供はかわいいから良い。

あ、トカゲの子は西部にいたな。
蜘蛛の子、ってのは散るものだっけ。散らすものか?
というか、鉄を扱う"人"の名が蜘蛛、というのはまた意味深か?
いや、これは深読みしすぎか。
というか、蜘蛛っていうより蜂とか蟻の人に見えるけど。
蜂や蟻は社会性の象徴だよね。子供も育てるし。女王もいるし。


そういえば、手塚治虫さんの「火の鳥」で、
鳥形宇宙人と恋に落ちるんだけど、のちに焼き鳥にしちゃう
(うまく書く言葉が見つからない)
お話に出てきたのもルダさんでしたっけ? あっちは女性のはずだが。

http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/sakuhin/m068/m068_01.html

とおもったら、ラダさんらしい。ルダ、とかラダ、ってのは、
ガルーダとかの音からなのかなぁ? それとも別の連想が可能?
どういう命名なんだろう。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
ディファレンス・エンジンが絶版なのも残念だけれど、
いったい自分が何冊の本を読んできたのかもわからない。
本好き、SF、ファンタジー好きを自認、希望する割りに、
徹底できていないのが悔しかったりなんだったり。
魔法の国とか手を出せるのはどれだけ先だろう。
元ネタはわかってないと、すごい悔しい。というか悲しい。むしろ破滅的。
こういう状況が、私の今までのまだ短い人生における、絶望に一番近い。
つまり、十分以上に幸せな人間だということなのだが。

結局、自分を自分で説明する言葉も見つけられないし、
こんなときにも、なんか追い詰められた感じがする。
結局、過多に過少に揺れすぎていて、自制できていないなぁ。
適切な線形結合としてではなく、読もうとしつつ同時に読むまいとしているのかな。
で、上下にリバウンドを繰り返している、と。
世界が楽しそうなものに溢れているのがいけないんだな。
俺は悪くない! 悪くないもんね!


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
気になるといえば、新房昭之さんとかさ。気になるだけだけど。
『からくり剣豪伝ムサシロード』の演出もしてらっしゃったんですね。
面白そうな香りはしていながら、私は手を出せていない。
アニメはちょっと時間の使い方が難しくて、あまり優先度を高くできないんですよね。
カバーできるだけの元ネタをカバーしてから鑑賞したいし。

そういえば、浦沢義雄さん作品のチェックってのもあったなぁ。
『激走戦隊カーレンジャー』はゾクレンジャーをどこかで見たぐらいだけど、
OPはとりあえず大好き。たまにビビルけど。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
オペレッタはともかく、オペラをひとつ見ようと思って、
小学館:魅惑のオペラ
http://www.shogakukan.co.jp/operadvd/lineup1/index.html
の「セビリアの理髪師」を買った(何故そこから
少なくとも、普通の映画以上には楽しめた。この話もまた今度か。


次は「フィガロの結婚」のつもり。
ほかのラインナップも、定番だし、面白そうなので、買ってしまうかもしれない。
買わないような気もする。

しかし、金貨の山をもらうと言って、最後にもらったのは小袋だったが、
その後、伯爵にたかったりしたのだろうか。
……いや、それはせびり屋の理髪師。

……おあとがよろしいようで?!

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
記録の記憶によると、もっともペースが高かった時期は、
いわゆる本単位で、一年に200冊以上読んだことがあるはず。
年100冊、6歳からそのペースだったと仮定すると、100×18=1800冊?
うーん。多めに見積もったつもりだけど、思ったより少ないな。
まあ、だらだら生きている人間にできるのなんてそんな程度ってところか。
ま、敢えて良く言っても所詮乱読濫読。


はっ! 年齢がばれた?!(当たり前


買ったはずが、行方不明になっていた「狼と香辛料」は、
購入したままの姿、ビニールにくるまれたままの Fate-Zero1〜3 と
同じ袋に入れっぱなしになっているところを、先日発見されまして、
そこからシリーズ読み始め。

「寂しさ」をテーマにしつつ、老獪にそして初心にやりあう二人がむずむずで良し。
狼娘が大人気なのも、むべやまかぜをあらしというらむ。おもしろかったですなり。

で、先ほど読み終わったのが3巻。
文倉的魔女は、みんなこういう風貌なのだろうか?(ぉ
4巻はどこにやったっけ?(またか

http://anime.goo.ne.jp/contents/news/NAN20071023_81/index.html
どこかで見た王女的顔立ちだと思ったら、キャラデザ黒田和也さん。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
あれ? この間、生協で買った「戦闘美少女の精神分析」はどこへやったんだ?
以前サークルの御先輩との雑談で出てきたのを覚えていて、衝動買い。
ま、その前にサークルの部屋で読んだことがあったかもしれないんですが。

風の谷のナウシカのコミック7巻セットの廉価ボックスが前に出たときも、
生協で衝動買いしたのでした。

ちなみに、私は墓所みたいな家がほしい。
壁に穴があいても、勝手に直る。いいよねぇ。
眼光の門番はあってもなくてもいいや。
いや、ない方がいいかな、さすがに。ご近所の手前もあるし。
# この話って、もう既出?

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
あ!(とてもすごいことをおもいついたつもりらしい
http://www.amazon.co.jp/Difference-Engine-Spectra-Special-Editions/dp/055329461X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1195575209&sr=8-1
こっちを買えばいいのか!

いや、でも、英語書籍はちょっとだけ読んで放置するのが見えているのだけどなぁ。
中古と両方買うのが大正解なのかなぁ?

ロバートおじさんの本も、グーテンベルグには vol.I(of II) しかないんだよなぁ。
洋書なら今でも手に入るから買うべきなのか。金よりも時間だよなぁ。
遊んでていいものか。よくないよなぁ。
# なんか、あんまり反省していない発言だ。
# いっぺん死にそうな目にあったほうがいいのかもしれん。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
先日、弟と話したときも話題にしたのだけれど、
振り子時計、スターリングエンジン、階差機関、電磁リレー計算機は、
一度自分で作ってみたい。
といいながら、それに必要な勉強なんてほとんどしていないのだけれど。
自分の力量がわかってないのは致命的だよね。

うん。ごめん。Bruce Sterling さんから連想しただけなんだ。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
なんかあれだ。相変わらず、臆病者のゴミ文章。
ふふん。臆病者には臆病者なりの矜持と戦い方があるもんね。
# きっと、実は自分のことを臆病者だと思いたくない人の言葉

というところで、また今度☆
posted by Hacky=SugarSun at 06:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

生命讃歌 人生の間違いと美徳の探索 狐の人とツンデレ美女の話 無常な時は時に無情に

ふはははは。俺は生きているぞ。残念だったな!

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
とかいう不謹慎なネタはおいておいて。

かなり前に研究室の先輩と雑談をしていて、
話が当然のように(人生の間違いを発見
# 机の上に CD やら CD-R やら 同人誌が置いてあるのがいけないのだ。
今年の夏コミの話になったのかならなかったのか、ともかく、
サークル「螢刻堂」さんの「紙製組立時計」の話をしたりして。

振り子と歯車のネタで盛り上がって、
Web上に公開されている、工業系高専、工学系大学の卒業制作レポートなんかを
見て回ったりして。

振り子時計もいっぺん作ってみたいですよねえ。
来年も売っていたら手に入れてしまうかもしれない。

遊星歯車の「遊星」ってのがプラネットのことだとか。
「遊星歯車」って言葉も、「遊星」って言葉も知っていたのに、
気づかなかったなぁ。むいむい。

冥王星ネタはもうやったから良いよね(非道


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
気づかなかったと言えば、季節の話題になるまで取っておこうと思って、
一年弱も熟成したネタをひとつ。
手元のメモによると、2006/11/02 06:18 に書き留めたネタだ。


知ってはいても、わかっていない事ってある。

布団にくるまって、妄想を繰り広げていたところ、
ウィル・オー・ウィスプとジャック・オー・ランタンが、
同じものだという事に気が付いた。

いや、もちろん、同じものをさす事自体は知っていたのですが、
ウィルもジャックも男の名前で、
オーはもちろん共通で、
ウィスプとランタンは灯の事、
という至極当たり前の構造の共通にはっとした、と言うそれだけの話。

http://en.wikipedia.org/wiki/Will_o%27_the_wisp
http://en.wikipedia.org/wiki/Jack_o%27_lantern

はっ! とりっくおあとりーと!
おかしをくれないといたずらしちゃうぞ!


ところで、研究室にある、
ジャック・スケリントンさまのフィギュアはどうなるんだろう?
某Nガタさんのものとか聞いたけど。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
この世で最も恐ろしいものの一つは、子供に訊かれて返答に困ってしまう質問ですが、
世界は Windows 一色になってしまったのかどうかは良くわからないものの、
ハードディスクが c: から始まるのはなんで?
# PC/AT互換機(懐かしい言葉、というか、今もこの言葉は適切なのかしら)上で?
# いまさら他の Windowsマシンってのもあるのやら、ですが。

ってあなたの子供に聞かれるかもしれませんよ?(何
懐かしい話だ。
そのころにはドライブレターという概念はマイクロソフト様によって
別のものに付け替えられているかも知れませんが。

ところで、Vista ではパーティションリサイズができるんだそうで。
ちょっとびっくり。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060930_liquidsculpture/

はごろもフーズの CM はサザエさんのスポンサーでしたか?
結構印象に残っています。ミルククラウン。

小学生くらいの時、絵の具を水に溶きながら、
ミルククラウンをつくって遊んだことがありました。

さて、ミルククラウンは美しく、牛乳はおいしいので大変結構なのですが、
ミルククラウン形成後にクラウンが崩れ、中央から水滴が反射するかのごとく、
水柱が盛り上がります。時には、クラウンと同様に水滴が飛び出たような気もします。

この反射する分の液体が、落ちた水滴由来なのか、
それとも、元々の水面由来なのかが気になって、
クラウン形成を繰り返し試していた私の思い出です。

とりあえず、当時の実験では落ちた水滴由来だったと記憶しているのですが、
そうなのだろうか?
この話はまた、某特権階級の人には既にした話だ。


実際のところ、どちら由来になるのかは、
水面、水滴を構成する流体の密度、粘性、諸々の条件で変わりそうなものだ。

http://www2.hamajima.co.jp/~tenjin/album/physics/milkcrwn.htm
で言う所の、46ms のあたりのはなし。


ミルククラウンはミルクじゃなくてもできるような気がしていたのですが、
そう簡単でもないようです:
http://milk.asm.ne.jp/chishiki/crown.htm

? 絵の具を溶いた水でクラウンができた記憶は正しいのだろうか?


で、ミルククラウン形成のシミュレーションとか、
やった人はいないのかと、昔から気になっていたのだけれど、
http://www.jspf.or.jp/cd2/7505cd/75-5/yabe/3-1.html
(http://www.jspf.or.jp/cd2/7505cd/75-5/yabe/index.html)
やはり難しい話であるようだ。私には良くわからないのだが。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
ちなみに、最近はまた読書中毒症がひどくなっている私。

秘曲笑傲江湖、先日のエントリでも触れた、武侠小説。
徳間書店が最近、金庸さんの全集っぽいものを出されていて、その最新シリーズ。
# 全集なのか?

武侠小説を読みたくなった上に、以前からやんごとなき理由で読みたかったので、
金庸作品的には変則的な入り方かもしれないけど、読み始めてハマリました。

先日本屋さんで見かけた折、帯の煽り文句に「ツンデレ美女」とか書いてありました。
うーん、言われてみればたしかにツンデレ的だ……


しかし、狐の人は主人公補正かかりまくりだ。
死にそうになっても結局死なないし、そのたびに強くなる。
しかも惚れられまくる。うらやましいっ!(ぉぃ
燃える男気の人だから、女の子はもちろん、男からもほれぼれだ。くそう。
ま、一部の行動に、さすがにそれはひくわー、なものもありますが、
読者としてはそれも一興かも。


君子剣の人は最後はどちら側になってくれちゃうのやら。どきどき。
いやー、味方やら、悪役が寝返る話が好きでね。
林ちゃんは活躍するんだろうか? 最初は主人公2本立てかな、とか思ってたんだけど。


http://www.tokuma.jp/bunko/tokuma-bunko/79d866f27b1150b26c5f6e56516d
ん? もう6巻出た? か、買いに行かなきゃ!(中毒
どこ? どこなら売ってるの?!

DVD も見るべきかなぁ。さすがにゲームはやらなくていいよねぇ。
映画と、ドラマがあるの? うーん?


ガーゴイル13巻は購入済み。タバサ2巻はこれから。うービヨウキだ。うー。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
しかし、私がこうやって後から後から補完すると、そのたびにいろいろなことを知る。
世の中のクリエイターさんたちは凄い。うーむ。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
あ! あれの予約忘れてた! うー。もう11月だよう。
予約特典は狙ってないからいいけどさぁ。


posted by Hacky=SugarSun at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

趣味の話と、機械の反乱の話とか、あと趣味の話

あー、えー。 ま た で す か 。

ノートPCがおいかれになりました。

前回のクーデターから1年弱。私はまったく学習していません。
愚か者万歳。

でも、後悔もしていない。
2度目だし、16kだし1年持てば奇跡みたいなものでしょう、ってな感じ。
HDDはずっとカタンカタン言ってたし(ぉぃ

というわけで、前回よりショックの少ない私は、秋葉原へ出かけ、
何事も無かったかのように Thinkpad R30 を買って帰ったのであった。
バッテリーが瀕死なのはまあ当然として、液晶が少し焼け気味(バックライト劣化?)
なのが最初は気になったが、すぐにそんなことは忘れた。


私は行く。安物買いの銭失いの道を行く。


次はいつまで持つだろうワクワク(ぉ
……この道、やめたほうがいいのかなぁ(ぉぉ


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
相変わらず、どこかのネジが外れたとしか思えないかもしれませんが、
このブログの文章は、別に、
チャネリングとかオートスクリプティングじゃないんですよ(そのほうがまだマシ

基本的には(私が読んで)面白そうなことを書いているだけで、
書かれていることは事実は事実ですが、
歪曲できることは可能な限りに歪曲されているかも知れませんね。
と、また逃げを打つ、矮小な私。別に誰も誤解なんてしないのにね。

今回は特にぶっ飛んでしまったので、そのへんよろしく。ごめんなさい。
書きたいから書いたけど、正直自分でも今回のはあまりよろしくない。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
原画さん繋がりで買ったラノベも読まないうちに、
ノベライズ版を amazon で見かけて、そのうちに買おうと思っていたのですが、
武侠小説を読みたくなって(唐突
それならちょうど良いから amazon かな、と、
金庸さんの小説を調べていたら、笑傲江湖が出て参りました。
そういえば、これも読みたいと思っていて、でも躊躇していた作品。
思わずこんなところで繋がるとは、世界って狭いですね。
具体的には、私の視野が狭いんでしょうけれども(何

というわけで優先度の線形結合でこれは買うべきでしょうか?
うーん。5000円弱飛んでいくのだが。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
最近はフルメタル・パニック!を買っています。
こちらは読んでいる。まだ3冊だけど。積まれた本はどうするんだ俺。

スーパーロボット大戦J をやって影響されたから、ですけどねえ。
それなりにパロディやってるし、ラブコメ成分もあるし、
メカメカ成分もあるし、SF成分もあるし、
蓬莱学園もあるし、っていうか、また世界って狭いな、オイ。
# だから、狭いのは俺の視野だって(涙

ガンダムSEED(&DESTINY) を観ているのもその影響です。
でもぼくはアス×キラとかはどうでもいいんです。
ナタルさん……かっこよかった(涙
# ほら、また誤解されるようなことを。。。

# SEED の人物描写もいまいちアニメ本編で完結できていないというか。
# 今風の(メディアミックス狙いとか)ノリで、
# 敢えて完結させない、って解釈も説得力ありますが。
# 「機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。」をやれってか。
# あ、でもアストレイをまったく知らないな。 W は DUAL も BFoP も読んだのに。
# というかアレはときたさんを追っかけてただけか(ぉ
# ちなみに、くそっしょうがねえな、はなぜか研究室にあります。
# 僕のじゃないです。読みましたが(ぅぉぃ

グレートゼオライマーは見てないです。いま2週目終わるところ。
でも、ゼオライマーはマジ強い。使いどころを間違えなければ。
なぜか、弱いと思っていて、最終話でようやく使い方がわかった(ぉ
敵思考ルーチンがちょっと頭良くなって
(とはいえ、前にスパロボやったのは新とGだけど)
2週目だと少し戦略を変える必要があったりするのは面白く感じた。
まあ、強くてニューゲームなので、どちらにしろ圧倒的じゃないか我が軍はだけど。

え、ゼオライマーの単行本?
これ以上秘密の宝箱の中身増やしてどうするんだ(ぉ


ボン太くんは見ましたよ(偉そう
原作ではまだ見ていませんが。
らき☆すたアニメはほとんど見ていませんが。ごめんなさい。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
で、さらに妄想という名の連想は続いて、最近はグループSNE とかをちしていない。

まあ、もともと、友野さんと水野さんぐらいしか買ってなかったけど(ぉ
最近はどうなのかなぁ。うう、やなよかんがしなくもない。
あ、リウイは今度出るのだっけ。


とはいえ、私は非電源ゲームはサークルの合宿ぐらいでしかやらないですが。
殺伐は良くないですよう。とはいえ、それだけ本気、ってことですけどね。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
# というか、最近頭の中、ネタ中心にこのネタしかないんじゃないか?
# まあ、手に入る作品が全部手に入ったら沈静化するかなぁ。
# 百合耽美限定状況推理ゲーム(いろいろな意味で嘘)もまだだし(ぉ


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
さて、さらに突然ですが、カミングアウト(大袈裟


少女趣味です。


……あっ。石は! とんがった石を投げるのはやめて!

小さい女の子が好きで好きでたまらないっ!
という話ではなくて、なんかこう、夢見る展開が好きだ、っていう話です。

そんなことも書いた気がしますし、
知っている人は知っていますが、どうせなら運命の出会いとかしたいし。


……? 少女趣味ってそういうものだっけ? わかんね。

この間も、少年ジャンプで連載中のBLEACHの最近の展開で、
小さな女の子が大きくなっちゃった(´・ω・`)
と言ったら、けなされました。

あなたたちの中で小さい子が好きじゃない人が石を投げればいいと思います(不謹慎

……あっ。石が! もっと大きな石が飛んできた!


……じゃあ、ほんとのこというね?
大きい子も好きだよ?

……あっ。石が! 増えた!

GAMEOVER -- TRY AGAIN?
YES
rァNO


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
……うーん。上のネタは少し苦しいかなぁ。

ところで、自分がそういう恋愛をしたいと言うわけではないんですが、
自分の好みとして、ラブロマ、ラブコメものに期待する展開というのがある、
ということが最近わかってきました。

・二人出会う
・惹かれあう
・困難な状況
・二人で解決
・とってもたのしくなる
・もっと困難な状況
・主人公がんばる(これが結構重要)
・で、二人で解決
・なんかもうとてつもなくたのしくなる

要は、二人の関係が確立した後に、その危機が訪れ、
しかもそれは努力と行動によって解決する、
という展開を期待していることが多いのです。なんか良くありがちな気もしますが。
この、下がって上がってもっと下がってもっと上がる、という展開が全てではない、
というのもわかるのですが、そうでないと、ちょっと肩透かしを食らった感じ。
ちなみに、上記の流れは、一部が前後したりしていても構いません。


で、敵役、ってのが定番の要素なわけですが、
# 私は男の子なので男を想定
こいつにもいろいろと期待してしまいます。
ヘタレじゃだめ。
相手を主人公とかに(結果的には)奪われるわけだけど、
そのときに一発殴るとか、意地を見せてほしい。
つまり、対立存在の価値を低くして決着をつけるより、
対立存在の価値をそれなりに描いて、それでも彼が負ける、
っていう展開……とかいう分析はおいておいて、
私は単に、みんな好きになりたいだけなんだろうな。
それは逆にヘタレは嫌い、って言っていることなので、またちょっと矛盾ですが。
つまりヘタレにはなりたくない、ってことかも。

ちゃんとした闘争を経て、それでもなおさわやかな描き方、
っていうのが結構難しい場合もあるので、アレですが。

具体的に言うと、DESTINY のユウナさんがむかついてむかついて、と言う話。
# あまりラブストーリーでも敵役でもありませんが。
# 彼も、そう簡単な立場でもないでしょうしね。
# あまりに扱いがヘタレなせいか、気になる、という感も。
# ネット上での意見も結構興味深い。

で、そういう作品はありませんか、と。
お勧めがあったら教えてくださいな、と。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
ちょっと話は飛んで、
嶽本野ばら「世界の終わりという名の雑貨店」はちょっと読んでみたいかも。
# 「たけもと」だったのか。「ごくもと」だと思ってた。ごくもと。
……すいません。ごめんなさい。レストランつながりでした!
本当に謝ります! 許して!
……あれは宇宙だったけど。

原画さんつながりもそうだし、こういう買い方、読み方は邪道だとは思いますが、
でも、こういう広げ方くらいしか、
無方向に範囲拡大できる取っ掛かりが思いつかないんですよね。
どうせなら自分の好きなネタで読みたいし。


あ、英雄伝説も買いたいんだった。amazonで買うのはそっちでも良かったかも。
……笑傲江湖のほうが今のところは魅力的だな(ぉ
# とかいうまたネタを仕込む俺


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
え? ガイバーの人だったの?!
ガイバーはどこまで読んだかなぁ。


しかし、ネタを解説する、って話もどうなったのやら。>俺
というか、こんなことしてないで、
マジで研究して論文書いてください。お願いします。>俺
posted by Hacky=SugarSun at 07:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

「明日からではなく今日からはじめる」愚かな男は自分に言った 昨日も同じ言葉を聞いた

今日はいい日でした。

という書き出しで日記を書く、という縛りを持っていた時期もありました、
Hacky=SugarSunです。あれ? この書き出しももう使ったっけ?
相変わらず、活動に波があって、長期的には数年間を数える低迷期にある私です。
躁鬱気質といえなくもない気がします。

どうせ生産性のないことを繰り返しているなら、
駄文でも捻り出しているほうが、*私の* 精神衛生的にはいいだろうということで、
読者の方々には、再びのご迷惑。

で、相変わらず、脳内の混沌と、整理執筆能力の欠如によって、
複数の記事を絡め合ってしまっていますので、
がんばってお目当ての部分だけお読みいただくと吉かも(無責任

もっとまともなものをまともな書き方で書けないものか。
書けないのかもしれない。書かないのかもしれない。
書いているのはただ自らの生存確認なのかもしれない、なんて。

一応、連想ゲームのように記事はつながっている気がしますが、
人間の脳みその中に、これだけの有象無象牛頭馬頭定食がつまっているのですから、
大変なことです。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
結構前の話ですが、ICFP コンテスト 2007 の話。
ロンリーウルフ参加。

コンテスト中は Endo さんのレンダリングに 200min かかるような状態だったので、
あまり振るわず。
Endoさんの創造主からのカタログまではたどり着いていますが、
たぶん、どこかに「We apologize for the inconvenience」って書いてあるんだろう。

てなわけで、もちろん、ICFP的ネタも、計算科学的ネタもごろごろとありますが、
銀河ヒッチハイクガイドネタと、スタートレックネタは確認。

あとは、カタログのフォントが Papyrus なのはネタかもしれませんね。
他にもあれば、教えてください。

センス・オブ・ワンダーをわすれずに。いや、恨み言でなしに。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
蔵書管理作業を少しだけ行って、
久しぶりに、銀河ヒッチハイクガイドシリーズををぺらぺらとめくってみました。
で、関係記事:

人生、宇宙、すべての答え - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%80%81%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%80%81%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%AD%94%E3%81%88#.E3.82.B0.E3.83.BC.E3.82.B0.E3.83.AB.E3.81.AE.E8.A8.88.E7.AE.97.E6.A9.9F.E8.83.BD
> 作中でディープ・ソートに750万年もかけてこの答えを出した事を思うと、この問題を解くに際してのグーグルの計算は驚異的に速い。グーグルが「42」を計算するのに要する驚異的な速度は、グーグルの方がディープ・ソートよりもすぐれているという、グーグル設計者のメッセージなのかも知れない。
(引用 2007/08/07現在)

別に誰かにけんかを売りたいわけでもありませんが、というか、
けんかを売るような相手でも立場でもありませんが、
地球上の存在が「人生、宇宙、すべての答え」として 42 を出力できるのは、
計算能力等の実証にはならないはずですよね。
42 という答えを出力することは、穴居人でもできたわけですから。

穴居人にそれが可能であった理由と、
グーグル電卓が、Deep Thought より高速に 42 を計算?できる理由を考え合わせると、
それはそれで何かの真理かもしれませんけれど。

# 私は安原訳を参照しています。

# というか、wikipedia の記事に「〜なのかもしれない」と書いてあると、
# すごい違和感があるのは私だけ? いったい誰の意見なんだろう。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
Code Geass & Gundam SEED

知っている人は知っているが、なぜかチェック中。
コードギアスは24&25話までに追いつけなかったので、
残念無念。オレンジとかはいい。C.C. をもっと映すんだ!
ユフィもいい。にゃーにゃー?(何

まあ、改心する悪役、というのは私の大好物なので、
オレンジさんがなにかで心変わりすれば、それはそれで。

同時に観ているから気になっているということもあるかもしれませんが、
どちらも、(日本という?)国や民族を意識したつくりになっているような印象。
それぞれで、立ち位置はかなり違いますが。社会の窓ってやつでしょうか。
それとも鏡か。

SEEDはガンダムシリーズ記念碑作品ということで、ファーストをオマージュしつつ、
アンチテーゼを立てているように感じます。
現代的感性を入れるべく入れたガンダムかと受け止めている私。
いろいろいわれているらしい SF 要素については、
現実味の乏しいアイディアを使うのはかまわないと思いますが、
ジャマーのキャンセラーとか、アンチアンチ合戦はつまらない気がします。

とくにコードギアスはラブコメ成分もあって、優良呼吸コンテンツですね。
円卓の騎士要素ぐらいしか、同人的表現は見つけていませんが、
他にも何かあるのでしょうか。

まあ、個人的には、図らずも声優さん繋がりも少しありますか?(疑問形


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
ANGEL -

さて、突然ですが、既読も含め、今後、読みたい&調査したい項目を列挙します。
調査自体はこれからなので、
いまいち、ピンポイントで SNIPE できているものばかりではなく、
参考までに、あるいは関連性否定のために参照すべきと思われるものを含んでいます。
また、メモを兼ねたものなので、URLが張ってあったりなかったり、
整理されていないのもご容赦くだされば。
大体重要度順:

- アメリカ開拓史、インディアン戦争
何はともあれ、これははずせない。これがなくちゃ始まらない始まれない。
もちろん、宇宙開拓史ももう一度見たいだわさ。

- インディアン(ネイティブ・アメリカン)文化
今回のマイブームに限らず、面白そうである。
別にペミカンを食べてみたいだけではない。
が、食事の描写は、私にとっては物語の強力な要素だ。
てゆーか、剣客商売?
三姉妹はそれなりに好きだが、最近はあまりお世話になっていない。ごめんなさい。

- 魔術、オカルト関連
ターゲットを絞るなら神智学協会ですね。
某マジカルクトゥルーロボでも興味を持ったのですが、いまいち掘り下げていません。
とりあえず、「魔道書ネクロノミコン」日本語版文庫は買ったんですけどね。
読んでねーや。
ああ、そういえば、アメコミ「The League of Extraordinary Gentlemen」も
チェックしないといけないんだっけ。
「片手にピストル、心に花束、唇に火の酒、背中に人生を」
うーむ。思わずタイムリーな話題だ(失礼
まあ、勇気が魔法なんですけどね(違

- キリスト教、神学
これは関係あったりなかったりするが:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E9%A3%9B%E3%81%B6%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%95%99
もちろん、かなりむちゃくちゃだし、私は知識不足で少ししかわからないのだが、
神学的議論をちゃんと踏襲しているようだ。
欧米の人にとってはこの手の話題は、ある程度常識なのかなぁ。
しかし、聖書ってのは辞書ですね。
モルモン書自体は、あまり面白そうでもないのだけど、参照してみるか。
なにか、研究書みたいなものはあるのかな? まずはそっちが必要だ。

- ロバート・ポールトック 『コーンウォールの男、ピーター・ウィルキンズの生涯と冒険』
絵本も見られればいいけど、見つかるかなぁ(というか実在なのかな?
日本語の情報があまりない。うー、見つけられるかなぁ。
植民側理論から読める作品だ、ということだと思うんだけど。
ヒロインの名前は日本語の情報でもそれなりに出てくるのはなんでだろー?
メガテンとか、T&T のせいらしいが。やはり、検索業界まだまだ論。
ぐてんべるぐ計画にあるっぽいので、マーズ姫といっしょにチェックか。

- Someone like you
http://en.wikipedia.org/wiki/Someone_Like_You
ターゲットを絞れないんですよね。
有名どころだと、邦題「恋する遺伝子」とか、ありそうだけど。
Someone Like You(Doris Day) は時期的に違うか。

http://www.amazon.co.jp/Someone-Like-You-Roald-Dahl/dp/0140030743
どこかで聞いたことのある名前だと思ったら、チョコ工場のひとかー。
チャーリー(というよりその家族)に関しては、言いたいこともあるので、
その話はまた今度しようぜ。
ロアルド・ダールさんだと、Man from the South なんかは、
タイトルだけなら関係を連想できそうだけどね。
舞台としては、
http://en.wikipedia.org/wiki/Someone_Like_You_%28musical%29
も怪しいが?
ネタにするなら、あまりマイナーでもいけない、という説もあるしなぁ。

というか、元ネタなんてない、素直なメッセージ、って可能性はとても大きい。

調査の結果、映画「KILLER KLOWNS FROM OUTERSPACE」が
ネタのひとつであるらしいことまでは確認しているけれど。
まあ、これは定番といえば定番の範疇か。
……なんとも、Plan9 といい、Endo さんといい、
外宇宙には突拍子もないものがいるものです。

- 火星のプリンセス シリーズ
主人公ってジョン・カーターだっけ? これは忘れていたなぁ。
バロウズさん。うーん。プリンセスだけは読んだはず。
英語版も先頭数ページ分は読んだ(何
以前から、チェックすべしと思っている作品のひとつだ。

- ロビンソンクルーソー
- 海底2万マイル シリーズ
マイルか、リーグかはまあ、おいておこう。私の記憶ではマイルのほうが強い。
というか、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%BA%95%E4%BA%8C%E4%B8%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0
に、キャラメルボックスが出てきたのに驚いた。
……ん? 私はなぜ、キャラメルボックスが気になるんだ?
公演を見に行ったことなんかあったかなぁ?
広告か何かをみたのかな?

- ポカホンタス(関連の作品群)
あー。アニメのポカホンタスはどんな話なんだ?
まあ、楽しみにしよう。

と、列挙してみると、内容に共通のテーマを持っているように思える。
やはり、コンテンツ作品は発表時期の社会情勢を反映した、
あるいは、反映せざるを得ないものである、ということらしい。

後は大体おまけで、
- 映画「リーグ・オブ・レジェンド 」
インド復讐剣は出てこないと思うが。ネタ的にも、一度見てみたい気はしている。
ただ、この手の作品って、期待はずれな予感もついてくるのはなぜだろう?

- マカロニウェスタン
定番どころだし、白い鳩を肩に乗せた白づくめのガンマンが出てくるんでしょ?
そういえば、最近は関連アニメもあったね(何

……そろそろ、文章を書く力も消えてきた。
- 映画「アラモ」
- アパッチ野球軍
- ガンカタ
- アメリカン・ヒストリーX
http://fayreal.com/fayreal/cinema/movie/19980010.html
- 細うで繁盛記
- その他、伝説、神話等

いやー、しかし、インターネットのドキュメント群ってのはいいもんですね。
メジャー未満の情報もある程度はある。そして、青空、ぐてんべるぐ、とか。


Wild Wild West(閑話休題、と言いたいらしい)


つまりどういうことかというと、未開封新品で売られていた、
嘘屋さんの天使の弾丸に心撃たれてしまいました。
というわけで、以下は、しつこくも軽く Web等で調べてみた上での記述になります。

ウェスタン・アウトロー他の有名人たちに関しては、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%BC
の面々については、名前ぐらいは知っていたが、
残念ながら、コールさんは記憶になかった。
アラン・ピンカートンももしかしたら、ぐらいの割合で記憶に。

テクムセさんも知らなかった。今回に関していえば、
テクムセさんだけは初登場時の扱いが少し違うので、
ちょっとした知識がありさえすれば、印象が違ったはずだ。

火星大元帥は、ヒロイン名がなければ、確信はもてなかったな。
主人公を忘れていたから。

「子供たちを守れ」はあまり伝承そのものを扱っていないイメージで、
他のエピソードに対して、やや違う印象を抱きますが、
# 伝承そのものでないのはリンゴ投擲ピエロもかもだけど(ぉ
これは、史実のエピソードを下敷きにしているもののようです。
経緯こそ、西部魔界化でごまかされていますが、トカゲさんたちの理屈は、
追い込まれていったインディアンの理屈とオーバーラップしているものと読めました。

後半はシリアス風味の強くなる作品ですが、
「子供たちを守れ」を含むエピソード群の開始あたりが、折り返しかと思っています。
物語の流れもこのあたりで事実上決定ですしね。

このような性格をあわせて考えておくと、
きっちり、風刺パロディを押さえた作品なのだなぁ、なんてことも。

……「うんこ」発言の多いヒロインに魅力を感じるようになってしまったのは、
やはり、あれか。TAなんてやっちゃいけなかったのか(ぉ

なんにせよ、こんなにかっこいい「うんこ」ってことばは始めて聞いた。
うむり。言葉ってのは、いくらでも強くなるんですね。
おれも強くなろう。人間何に感動するか、わからないものです。

飛び立つ鳥に幸せを。未来へ紡げ物語。

ぼんぼん隊長は、一応、カスター将軍あたりがモチーフなのかな?
道化師エピソードはの英語タイトルのネタがわからない。
そして、変態さんの過去にあった事件の描写も?

制作がいまいち間に合わなかったのかどうかはしらないが、
オフィシャルや、広告系販売系ページの記述は、微妙に間違っていたり、
企画時の設定なんじゃないか、と思われるものになっていたりする。

あとはノヴェライズを押さえねば。
どこにあるかなぁ。

このまま私的嘘屋旋風に乗って、an epic って道も、可能性は大きい。
iアプリ版があるとか、どうすればいいんだ。
間違って、選挙活動とかの道へ踏み外しかねないのはマズイ、とてもマズイ。

- BULLET


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
この手の行動をとっていると、いろいろと思い出すが、
そういえば、アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ!」
も読まないと……うー。5000光年の虎……

ウィリアム・ギブスン「ニューロマンサー」は買ったっけ?
記憶が……記憶が……
--v^---v^---ピーッ!--------------

あとは、番外で、
シェーン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3
も要チェックか?
GUN BLAZE WEST も持っているはずだけど、どこにしまったっけ。

ああっ! 久しぶりに元ネタ探訪をしていると、
とあるパロディ尽くしアドベンチャーゲームの影響で
レイ・ブラッドベリを読んだことを思い出します。
うーん。ゲーム名が思い出せないけど、もう一度プレイしたい。
さらに、
「君はどこに落ちたい」の元ネタはブラッドベリの「万華鏡」だとか。
某K氏と話したこともあるが、サイボーグ009、GS美神の、
共通の(あるいは孫引き)元ネタをついに見つけたかも。
まだ読んでないので、はっきりとはしませんが。現時点では、孫引き説の私。
もしかして、片手で NintendoDS をプレイしながら片手で研究できるK氏なので、
このぐらいのことはご存知だったかも(何

あと、
http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%9E-%E3%83%8A%E3%83%AB-A%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C-E-%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%88/dp/448860904X/ref=pd_sbs_b_3/249-1976170-0926745
も読まないと……

ファンタジー系も未読が多いなぁ。あぅ。
うー。睡眠を要する生命であることが恨めしい。
時間をもっと(遊びながら言うことではない

神学関連なら、ボコノン教の教えも学ばねば(何


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
まあ、なんにせよ、心躍る、ってのはいいものです。
気持ちよいです。

その辺の話もまた今度。

で、トウモロコシを食べましたが、これは姉ですか? 妹ですか?

あ、思い出した。
TADL だ。
Vector だと、「音楽をテーマにした〜」と紹介されているが、
そうだっけ? それだけじゃないような。

……なんてことを数日もかけてやっている間に、研究でもするべきなんだろうけど。
次に遅延購入されるラノベは「E.G.コンバット」にしようか(無秩序な上に懲りてない

posted by Hacky=SugarSun at 14:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

千尋の谷へ突貫 自分を探す 呼吸用文字列開拓事業

SRM350 DivI

不覚。250を捨てて500から始めて、数回の勘違いを経て1時間消費。
Systest被弾。バグっている覚悟でsubmitするもんじゃないなぁ。
ソースコードの先頭にバグが入っているのに、
Challenge されなくてよかった(ぉぉぃ

次に下手を打つと青くなってしまうので、もう負けられない。


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
で、自分探しの為に田舎へ行ってみる。
自分は300円で証明されたりされなかったりするが、
土に触ったり、蜂やら蝶と戯れて自分を見つけなおす。

五月の祭りには参加しなかった。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
さて、以下に幾つかのコンテンツ商品の話が書かれている。
ネタバレが嫌いな人(例えば私だ)は気をつけろ。

とはいえ、国民総情報化社会のこのご時世だ。
アニメや関連商品の情報は勝手に流入してくるので困ってしまう。
そんな状況証拠が先にあるものと思いねぇ。こちとら江戸っ子でい(嘘
とにかく、手を出すのは評判が固まってからのほうが多いので、
情報の質はともかく、量ではハンデをもらっている私だ。
あまりいい傾向ではないが、性分なのでどうしよう(何

とまあ、既に露出も情報量も圧倒的と思われる作品なので、書き散らしてしまう。
恨むならこの記事を読んだ自分を恨むんだな(またか


秋葉原でゲリラ集団ダンスをしている映像やら何やらを散々見た挙句、
ようやく手を出してしまった「涼宮ハルヒの??」シリーズ。
以前は、第1巻を途中まで読んでおいて、
既刊分が多いという理由で敬遠したのであるが、
その後、ライトノベル系では、
「ゼロの使い魔」シリーズ(11冊購入)、
「吉永さん家のガーゴイル」シリーズ(14冊購入+コッペパン2つ)に
手を出し、既刊分に追いついてしまった自分をよく考えてみた。

量を敬遠した作品の4倍弱の量を買っているバカが一人居た。


さて、結局のところ、3巻目まで買って、ゼロの使い魔11、
九鬼鴻三郎の冒険1(このネーミングはどうなのよ? 誰の趣味だろう?)も買って、
まだ憂鬱しか読んでいないわけだが、これが最後の警告だ。
覚悟は完了したかな?
どちらにしろ、私は1巻しか読んでいないし、
本編やら後書きやら、商品展開やらで
ネタバレているところなので書いてよいと一方的に判断するものである。

で、ネタバレだが、
主要メンバー中、主人公の名前だけが出てこない事が、
冒頭のメンバー集めでは目立つ。
これが、演出の一つに過ぎないのか、重要な設定なのかはとても悩ましかった。
が、ネタバレている事実からの推測だが、基本的には演出なのだろうと思う。
ネタバレが解説の勝手なことならそれはそれで面白いが、
そんなことは無いだろうと好意的に思っておく。

ただの人間には興味が無いので、珍しい人々を探している彼ら(1人だけ?)だが、
少なくとも憂鬱の時点では、一見、異世界人分が足りない。
不足分からさらに深読んだ私は、王子様とお姫様が異世界人なのだろうと思う。
お姫様が王子様を異世界に連れ去るアブダクション物語というホラー展開だ。



私の趣味も相当偏って歪んでいるので、
統合思念体はアリシア人メンターたちを想起させるのだが、
細切れで見たことのあるアニメエピソードからすると、
もっと物質科学寄りの設定なんだろうか。
メンターはもっと人間くさかった(インターフェースは)し、
利他的だった。それ以前にアリシア人は有機生命体だったが。
あとは、地球人類を有機生命として破格の扱いをしたのは気になる。
展開を狭めるだけじゃないのか。
まあ、普通のSF展開する気はなさそうだしいいのかもしれない。


もう最近では、未来からくるのは最初から
クライマックスに決まっているので、
そこはおいておく、というか、私が理解できるネタが少なかった。
きわめて残念だ。
未来から来た赤いひとの話はあまり観ていないので対応できない。
スミマセン。


人間原理やら、五分前仮説やら、
特にエスパー少年関連の言い回しには、
SFとしてはベタな設定、概念をベタにさらり。
しかし、このあたり、ヒロインが因果の基点だというのならば、
ヒロインはSF小説なんかを読む人なんだろうか?
口ぶりや設定からするに、軽くは読んでいるようだが。
むしろ、「ムー」を読んでいるだけなのかもしれない(ぉ
それだったら、未来人より先に古代超文明人を探すか(何

既述のように、私も、現在を含む一時期、
ヒーローよりサブヒーローと言っている人間なので、
主人公には共感するところがある。
自分にできることの限界って、
すぐそこにあるとは思いたくないけど、つい考えてしまう。
でも、王子様って、お姫様にとってはヒーローにならなきゃなので、
みんなで善処しよう。> 王子様候補生


結局のところ、本編でも言及しているように、
「衝動」「行動力、原動力」としての
フロイト先生言うところのリビドーが、テーマの1つなんだろう。
(むしろユング先生的リビドーか?
 よくわかりません。こうですか!?)
ヒロインの長台詞も、発達段階的内容だし、
心理的物語がわかりやすく改案されているんじゃないか。

日本人口の2千分の1が一所に存在する野球観戦。
2千分の一は、今の私にとっては、十分大きい印象である。
高校当時はどうだったろう?
1年時なら、小さいと思ったかもしれない。

自分のクラスが他より良いところだと思っていたのは、
私もおそらくは、小学生まで。
ただ、私は、それはありふれたものなのだ、
ちっぽけな価値だったのだ、と思うんじゃなくて、
一種の身内贔屓、というか、インプリンティング、というか、
近くにあるものに好意を抱くのが人間(少なくとも自分)なんだ、
と理解したのだ。

白雪姫はお姫様が救われる物語だが、
sleeping beauty は王子様が救われるお話なのだ。
そんな違いは、この小説的には意図的に意味のある点ではないのだろうか。


全体を通じて、クライマックスまでは、あまりいい構成とは思わなかった。
あまり事件が起こらない(そういう話なんだからしょうがないが)のに、
エピソードが細切れで、流れが掴みづらかったのだろうか。
なんだかよく分からないが、読中の違和感はあった。
が、締めは上手くテーマをぶつけてくれて、お話として完成していた。
逆に上手かったのかもしれない。というか、上手いのだろう。
久しぶりに、テンポの違う作品を経験できた。

しかし、これを読むに先立って、SQLを使ってみたりしたが、
あまり役に立たなかったなぁ(ぉ


とまあ、これだけのことを考えさせる力のある作品でした。
評価されたのもむべなるかな、ふむり。
暫くはこのシリーズで呼吸できるでしょう。

眼鏡属性に加え、委員長属性を兼ね備える私としては、
委員長の退場は残念であった。再登場に希望を託そう。
誤植らしきものや、微妙な表現も散見されたが(H19,04/05 第三十一版)、
いずれにせよ、
高校生の青い精神と行動って懐かしくていいですね、というところか。
恋でも探しに行こうか、というところで、今週はお開き、また来週。
# 本当に来週なにか書くのか?


- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
オタク狩りが出現するというので、秋葉原に通っている私ですが、
幸運にも、エンカウントはなし。
よく考えると、買うものがあるときには、amazon だったりするし、
日曜日のほうがにぎやかで楽しいので、
自分は金曜日にはあまり訪れていないのだった。


で、tyksで大打撃を受けた私は、
今回も amazon を利用したわけですが、
これは、kmar なのか、gdgd なのか。

愚かなので、思わずプレリュードまで商業思想の為に浄財を投じた私だ。
とまあ、今週は、

夢を追いかけるよ

# といっておきながら、サザンクロスとともに後回しにしようかとも。
posted by Hacky=SugarSun at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

私も不安ですが、生きていますの報告と、久しぶりに触った camomile のお話

久しぶりに書くのがこういうことなのはいいことなのかどうなのか、
は置いておく。
書きたいことは別にもあるような気もしないでもなく。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
http://camomile.sourceforge.net/index.html.ja.jis
変態オコジョではなくて、文字コードごにょごにょライブラリの話。

しばらくO'Caml でCGIを書きたい熱から離れていたので、
0.7.* になっていたことには気づかずに。

なんとすばらしいことに、
> 2006/08/14 Camomile 0.7.0がリリースされました。
> README これまでハードコードされていたデータファイルのディレクトリがファンクターにより変更できるようになりました。
だそうで。
レンタルサーバーみたいなところに設置するケースを考えて、
可搬性を持たせるために、
$ ./configure --datadir='./camomiledata'
みたいなことをしていた私としては大歓迎であります。

というわけで、早速 configure & make
……

- * - make 時の出力 ここから - * - * - * - * - * -
(前略)
cc -E -P -I -I internal -I public -I toolslib -I . -o public/main.ml -x c public/main.mlp
In file included from public/main.mlp:10:
public/iMap.mli:8:13: missing terminating ' character
(中略)
public/uText.mli:51:35: missing terminating ' character
public/uText.mli:67:29: missing terminating ' character
In file included from public/main.mlp:46:
public/xString.mli:33:29: missing terminating ' character
make: *** [public/main.ml] Error 1
rm internal/uReStrParser.ml
- * - make 時の出力 ここまで - * - * - * - * - * -

……あれ?
というわけで、
public/main.mlp から public/main.ml を生成するときに
cc -E を使っているようですが、
ソースコードは C言語じゃあないので、
プリプロセッサに怒られています。

main.mlp をみるに、大げさなことをしているわけではなく、
各 module をinline展開させているだけなので、

# 話は少しそれますが、module の相互関係がよく設計されています
# 最近研究室でそういう話をしていたので、
# signature が気になったりしました。 fibration 万歳!
# ……実例を見ると、やっぱりあまり、気持ちよくはないなぁ

- * - preproess_cheat.pl ここから - * - * - * - * - * -

#!/usr/bin/perl
use strict;

while(my $line = <STDIN>){
if($line =~ /#include +"(.+)"/){
for my $cand ('internal/'.$1,
'public/'.$1,
'toolslib/'.$1 ){
if(-e $cand ){
system('cat '.$cand);
last;
}
}
}else{
print $line;
}
}

- * - preproess_cheat.pl ここまで - * - * - * - * - * -

なんてものを用意して、
$ perl preprocess_cheat.pl < public/main.mlp > public/main.ml
でごまかしてみました。
これでまあ一応ビルドできるわけです。

make が走り始めてすぐに、module Main を使わないなら、
Makefile から main 関連を削ればよかったのかも、とも思いましたが、
結果が cc -E が動いたときと同じになるはずなので、
こっちの方が真っ当でしょう。

楽だし(笑

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
open CamomileLibrary

さて、
module CharEncoding の設計に変更が入っているようで、
functor Make に代えて、
データディレクトリに関する設定を受け取って、
以前の CharEncoding 相当の module を作る
functor Interface が実装されています。

また、ハードコードの設定を用いる、
以前の CharEncoding 相当の module が Default.Camomile.CharEncoding として
用意されています。

# README には Main.Camomile と書かれているのですが
# どうやら、Default.Camomile だと思います。

- * - こんなかんじ ここから - * - * - * - * - * -

open CamomileLibrary

module Hard_coded_Istr =
Default.Camomile.CharEncoding.Make(UTF16)

module Config =
struct
let datadir = "./camomile/database"
let localedir = "./camomile/locales"
let charmapdir = "./camomile/charmaps"
let unimapdir = "./camomile/mappings"
end

module CEInterface = CharEncoding.Configure(
struct
let datadir = "./camomile/database"
let localedir = "./camomile/locales"
let charmapdir = "./camomile/charmaps"
let unimapdir = "./camomile/mappings"
end
) (* or CharEncoding.Configure(Config) *)

module Istring = CEInterface.Make(UTF16)

- * - こんなかんじ ここまで - * - * - * - * - * -
# ほんとは Main.Make を使う方が想定された使い方なのかも
# でも、Main って名前は衝突しやすいし、ちょっと変な気もする。
# CamomileLibrary.Make(Config : ConfigInt.Type)
# と
# CamomileLibrary.Default
# みたいな並列のほうが私には直感的な気がする。
# signature の fibration も少しは気持ち悪くなくなるかも?(ぉ

## O'Caml の module 設計ではどういうやり方が主流なのかなぁ。
posted by Hacky=SugarSun at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

たんたんたぬきのたんぐらむ

書き散らしは続く:

そうそう、数日前に
将棋の駒の金鹿の話をしていた人がいらっしゃいました。

大将棋かと思ったら、その上の泰将棋の駒なのね。
中将棋以上の将棋も一度はプレイしてみたいよねぇ。
きっと気分は桃鉄99年だとおもうんだ。

もちろん他意はありません。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
タングラム本棚 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2006/10/05/tangram-bookshelf/

とりあえず、斜めの本の上に本を置くのはやめてぇ。
いたいいたい。

タングラムは昔遊びました。面白いですよね。
今なら、友人の何人かをそそのかせば、
ソルバーを作ってくれるんじゃないか?
# 自分で作りなさい。

しかし、人間の目で解く場合も、
解答例のパースで間違ったりするんだよなぁ。

http://www.lago.it/en/design/products/objects-complements/tangram.html
頭良すぎる。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
見えない本棚 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2006/05/08/invisible-bookshelf/
これは、インテリアには良いかも。
落ちない限り、本も傷つかないだろうし。
うーん。全面保持じゃないからやっぱり歪むかなぁ。

愛書家のテーブル - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2005/11/29/nar-bookshelf-table/
これは、明らかにいたいいたい。
確かに背表紙の上部のあの傷み方はしない気がしますが、
これを保存方法にしたら、装丁そのものが壊れそうな気も。
個人的には、この上にコーヒーを置いたら、確実にこぼすので、
使えません。(ぉ

http://www.ub-studio.com/
ここの Hanging Bookshelf は下と奥を保持するのが、
棒でなければ、欲しいかも。これの箱バージョンが欲しい。


まあ、ペーパーバックや文庫は、本来読み捨てるもの、
という説も無きにしも非ずですが。
とか言いながら、自分は結構本を粗雑に扱っている私。
posted by Hacky=SugarSun at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磁力で内容を書き換えてしまう話。多分、マグニートーのことだろう。

書き散らしは続く:

そろそろ、気の優しいお友達は心配になってきたかもしれない。
私も心配だ。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
電子ペーパーディスプレイ - Google 検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4

夢の話をしよう。


完全に冊子形式の電子書籍が出るのはいつになるだろうか。

本の背にコネクタがあってPCに接続すると、
冊子の全頁が更新されるのだ。
いや、非接触で更新するようになるかもしれない。
実現したら、生の書籍と電子書籍の距離はまた近づくことだろう。
売れるだろうか? 値段にもよるがあまり売れないかもしれない。


むしろ、限りなく紙に近い電子ペーパーの活躍する場は、
オフィス用途の近いうちに廃棄されてしまうような紙資料だろうか。
研究室のミーティングなどもそうだが、人数分印刷するものの、
その日のうちに大半は紙廃棄置きに入っているのだ。
ただ、紙資料は、ボールペンで落書きがされてしまうのである。
ぐりぐり。
# この落書きはとても役立つ落書きである。
これはどう解決しようか……

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=toys-jp%26field-keywords=%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%9B%E3%81%84%E3%80%80%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A9%26results-process=default%26dispatch=search/ref=pd_sl_aw_tops-5_toys-jp_400688973_1&results-process=default?tag2=jp-ja-google-22
もう、これでいいんじゃないか、とも思ってしまう。
そうでなくとも、ボールペンと変わらない書き味で書ける、
電子ペーパー用ペンがあればいいのかもしれない。
フェルトペン系であれば、傷つけずに書けて、
簡単に消せるペンも可能だろうか。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
http://www.melma.com/backnumber_45071_2247186/
さて、一般名称は分からないが、この磁石でお絵かきするボード。
黒色しかないのはなぜかと思っていたら、
あの黒は基本的に砂鉄の色だったのか。
今では上記のように、カラフルな製品も出ているのですね。


一般名称を固有名称に使用するのは避けた方がいいですよ、と。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
人間の腕にUSBコネクタをつける、という話とは、
おそらくあまり関係ない。

X-MENも読みたいなぁ。
posted by Hacky=SugarSun at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原理主義とは 〜パロディ好きの原作至上主義者の戯言〜

書き散らしは続く:

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | ひろゆきが小6の頃の卒業文集
http://www.kajisoku.com/archives/eid1099.html
多砲塔戦車 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%A0%B2%E5%A1%94%E6%88%A6%E8%BB%8A

もちろん、二つの記事は関連している。
私にとって。

詳しい解説を加えようかとも思ったが、やめる。それは野暮だ。
私にとって。

一ついえるのは、
「だれかひろゆきの絵をAAに」
というリクエストにサンドウォームで答えた
>>44 ID:cXXCgy0q0 のセンスの良さである。

巷で噂のひろゆきさんと趣味が重なったのは
嬉しいやら悲しいやら。
# ある意味予想の範囲内ではあるが。
ところで、彼は『デューン/砂の惑星』を
見た/読んだことがあるのだろうか。
私はおぼろげに映画版を見た気がするのだが、さて?
本当に見たことがあるのだろうか。原作を読みたいものだ。
posted by Hacky=SugarSun at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。