2006年08月25日

空の幾多の星よりも 僕の隣にいる君が 得がたく大事と思うから 君を見つけにここまで来たよ 頼む1000円貸してくれ

思ったことをとりあえず垂れ流している、
という、かなり恥ずかしい行為を行っているこのblogである。
結局、あまりに一度の分量が多いと、書く方も読む方も負担なので、
だめだ、ということはかなり昔に思い至っていたのだが、
いまだに、私は愚かなままなのだ。
今再びそれに気づいたのだから、改善すると良いが……(何故他人事

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
冥王星:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A5%E7%8E%8B%E6%98%9F

<太陽系惑星>冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU:
http://www.excite.co.jp/News/society/20060824211200/20060825M40.111.html
うーむ、歴史的な経緯も含めて、惑星(Planet)という言葉はそのままに、
新たな定義と、名前を用意する、ってのが個人趣味的には良かったけど。

しかし、形成過程の違いからくる、天体性質による分類、
というのは合理的だし、必要だというのも確かだ。
冥王星の発見自体も、海王星の未知の外力による摂動から予想され、
ただし、実際に見つかった冥王星で摂動が説明できたかというと、
?という結果だった、なんて話も聞いた気がするので、
冥王星軌道周辺の天体(冥王星族?)の中で、
最も大きく、ラッキーだったにすぎず、
世が世なら、惑星にはならなかったかも知れない天体であり、
まあ、順当とも思える。

ここで、個人趣味的な話で切り返すと、
プルートー、ネプチューン、ウラヌス、ジュピター、の内、
ウラヌス以外の3者はくじによって世界を分け合った兄弟神であり、
プルートーだけ惑星の名目から外れてしまうのは、なんだかむにゃむにゃ。
しかし、12神の番外であるのも確かなので、
それもまた一興かな、と思ったりむにゃむにゃ。
しかしウラヌスはうまくやったなむにゃむにゃ。
ローマ神話の話なのか、ギリシャ神話の話なのか、セーラー戦士の話なのか、
習合もしくは吸収合併というのはいろんなところであるんだなむにゃむにゃ。
posted by Hacky=SugarSun at 13:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっそのこと12個案を採用してしまえばよかった

などとは思わないのである。
Posted by よし at 2006年08月26日 00:47
何がいっそのことだかよくわからないが、
12個案の場合、新規追加惑星の名前はどうするつもりだったんだろう。

別にそれは、天文学会からすると、
本質でも何でもないのかも知れないですけれど。
Posted by Hacky=SugarSun at 2006年08月28日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドワーフ・プラネット・・・矮惑星??冥王星の哀切??
Excerpt: なんとも世知辛い世の中になったと思う。冥王星である。
Weblog: おもいつきジョーク:ドワーフ・プラネット・・・矮惑星??冥王星の哀切??
Tracked: 2006-08-26 01:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。