2006年07月01日

O'Camlで日本語CGIと新番組。主題の一貫性のない文章は、大概に置いて良くない文章であります。blogもそうでありましょう。というか、タイトルがダメだ。

少し前に衝動的にCGIを書きたくなった。
O'Camlで。
以下、記憶を元に、全くまとまっていない経緯だけ記録。

となると、それを動作させるサーバーが要る訳です。
自前マシンや、その他の環境が自由なものなら全く問題はありませんが、
どうせなら、某無料サーバーに置きたかったのです。
一応、C/C++ による CGIを手元でコンパイルして設置可能となっているので、
何とかなるかと思って試行錯誤。

CGIのためのモジュールを少し探すと、CamlGIなるものを発見。
使い方が良く分からなかったので(ぉ
放置。これは使わないことに。

日本語を適切に扱うために、Encodeモジュール@Perlのようなものが欲しかったので捜索。
Camomileなるものを発見。試してみることに。
動作時に文字セット等に関して外部ファイルを読み込むようになっており、
コンパイル時にデータディレクトリを指定するようになっています。
某無料サーバー上でのホームディレクトリ以下を指定しても、
何とかなるのでしょうが、手元でのテスト時に面倒だったので、
データディレクトリをカレントディレクトリにすることで回避。

これで、まあ何とか環境的に動作は可能だろうと思われたので、
試しに、Hello, wolrd CGI を書いて、
手元のでべあんでコンパイル、某無料サーバーに設置してみた。

動かなかった。GLIBC2.3が無いのか。
これも面倒だったので、-static をつけて再挑戦。
一応、動作。べば。

あとはすごい CGI を書くだけだぜ(笑

ここに至って発生した問題は、Camomile を使用、その上 -static してしまうので、
何もしないプログラムでも、strip した実行ファイルが 1MB (汗
Camomileで、EUCーJP、Shift_JIS、ISO-2022-JPを利用するための
必須(らしき)ファイルと合わせて、2MB 超……
まあ、そんなものか。
それでも Perl よりは速いだろう。きっと(ぉ

そんなことを考えていたので、ML演習のことを思い出したのが昨日……
がんばろう。。。

第1話なので、少々ぎこちない感がありましたが、
市長と秘書のひとが相変わらずだったので、良かったですね。
やっぱり私的順序は、ブロッサム>パターカップ>バブルスです(ぉ
mixiでコミュニティを探さなきゃ(ぉぉ
以前探した時は無かったけど、今ならあるだろう(ぉ
posted by Hacky=SugarSun at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。