2006年03月01日

stocked text:十年来のマイブーム 詳しくは市民新聞をご覧ください。および近未来の予定と読書の話――2/18

本日の世界ふしぎ発見は、
イギリス産のファンタジー、「ナルニア国物語」がテーマ。
導入は、オクスフォード、ファンタジー、ということです。


卒業式にかぶる学帽の、
左目と右目の違いってのは面白かったなぁ。


疎開児童4人って……ねぇ。
あれあれあれあれ? どこかで聞いた話だ……
ああ、ナルニア国物語が読みたいっ!(ぉ
#全巻持ってはいるんですが、なかなか読みはじめるチャンスが……


VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスが、
今後、軌道に乗っていくことが期待されていますが、
このような作品も配信されることを望みます。
もっと言うと(ぉ
PowerRangerの平成シリーズや、PowerPuffGirlsが字幕で見られるようにならないと、
私に対してのアピールにはならないですよ?!

白い魔女やフォーンの元ネタの話も出てきたけれど、
私が昔から気になっているのは、
スキヤポデスと、呼ぶのも嫌なあいつらの関係なんですが……誰か教えて(ぉ
#自分で調べればいいんでしょうけどねぇ、
英文学やら伝承文学のやり方なんて知らないもので……
そもそも元ネタがわからないというのは私には辛い……


ターキッシュ・ディライト……ああ、日本語版しか読んでいない俺のバカ!
セント・ルチア……ねこー!


学生向けの寮……本当にラッキーですよ。



さて、C・S・ルイス、オクスフォードといえば、
ついこの間、「十二本の毒矢」を読了。
毒矢といっても、バーサーカーではなく、もちろんアーチャーであります。
そしてもちろん、一番気に入ったのは「ある愛の歴史」です。
ロマンス分が足りない最近の自分は意味不明な行動を続けています。

みんな、僕と一緒に映画館に行こうぜ! ナルニア国物語第1章は3/4公開だぜ!
観に行く人募集中(ぉ

ナルニア国物語もそうだけど、やりたいことをメモしておかないと……
趣味のプログラミング関係、ファンタジー小説類、etc. ...



さらについでに、VHSビデオを発掘していましたら、
2年前のクリスマス(正確には1年強前)の時期の録画分が発見されました。
具体的にはソードアルタイルの回でした。
posted by Hacky=SugarSun at 12:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元に戻って見にいこうぜっ!(ぇ
Posted by シャン at 2006年03月02日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。