2006年03月01日

stocked text:砂漠の国 水と家族と男と女と信頼と――1/30

えー、毎度おなじみ、かわいらしいお師匠さまから始まり始まり……

あ、ついに火の山編? 今回の予告はちゃんと観てないんだよう。
と思ったら、砂の国ねぇ。


敵は、絵姿によると、なにやら可愛らしくない顔の人。
こういうのに限って、実は悪役じゃない、という展開かもしれないが、
某蟲のおじいさんにだまされた俺は、疑い深いのだ。えっへん。


ガチンコ腕相撲をお師匠さんが……
勝負に手を出したらいけないではありませんか!
これは許せないことです。


いろいろと紆余曲折の末、あれれれ、混成もとい混世魔王の名前が出てきた。
牛魔王も出てきたよなぁ。
でも、オリジナルの魔王も結構でてきてたよねえ。
このあたり、どうなっているのか、まとめて見てみたい。


今回の感想は短くなってしまった。
悟浄と金魚さんについては良くわからなかった(ぉ
posted by Hacky=SugarSun at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。