2007年02月08日

たんたんたぬきのたんぐらむ

書き散らしは続く:

そうそう、数日前に
将棋の駒の金鹿の話をしていた人がいらっしゃいました。

大将棋かと思ったら、その上の泰将棋の駒なのね。
中将棋以上の将棋も一度はプレイしてみたいよねぇ。
きっと気分は桃鉄99年だとおもうんだ。

もちろん他意はありません。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
タングラム本棚 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2006/10/05/tangram-bookshelf/

とりあえず、斜めの本の上に本を置くのはやめてぇ。
いたいいたい。

タングラムは昔遊びました。面白いですよね。
今なら、友人の何人かをそそのかせば、
ソルバーを作ってくれるんじゃないか?
# 自分で作りなさい。

しかし、人間の目で解く場合も、
解答例のパースで間違ったりするんだよなぁ。

http://www.lago.it/en/design/products/objects-complements/tangram.html
頭良すぎる。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
見えない本棚 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2006/05/08/invisible-bookshelf/
これは、インテリアには良いかも。
落ちない限り、本も傷つかないだろうし。
うーん。全面保持じゃないからやっぱり歪むかなぁ。

愛書家のテーブル - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2005/11/29/nar-bookshelf-table/
これは、明らかにいたいいたい。
確かに背表紙の上部のあの傷み方はしない気がしますが、
これを保存方法にしたら、装丁そのものが壊れそうな気も。
個人的には、この上にコーヒーを置いたら、確実にこぼすので、
使えません。(ぉ

http://www.ub-studio.com/
ここの Hanging Bookshelf は下と奥を保持するのが、
棒でなければ、欲しいかも。これの箱バージョンが欲しい。


まあ、ペーパーバックや文庫は、本来読み捨てるもの、
という説も無きにしも非ずですが。
とか言いながら、自分は結構本を粗雑に扱っている私。
posted by Hacky=SugarSun at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磁力で内容を書き換えてしまう話。多分、マグニートーのことだろう。

書き散らしは続く:

そろそろ、気の優しいお友達は心配になってきたかもしれない。
私も心配だ。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
電子ペーパーディスプレイ - Google 検索
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=50&q=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4

夢の話をしよう。


完全に冊子形式の電子書籍が出るのはいつになるだろうか。

本の背にコネクタがあってPCに接続すると、
冊子の全頁が更新されるのだ。
いや、非接触で更新するようになるかもしれない。
実現したら、生の書籍と電子書籍の距離はまた近づくことだろう。
売れるだろうか? 値段にもよるがあまり売れないかもしれない。


むしろ、限りなく紙に近い電子ペーパーの活躍する場は、
オフィス用途の近いうちに廃棄されてしまうような紙資料だろうか。
研究室のミーティングなどもそうだが、人数分印刷するものの、
その日のうちに大半は紙廃棄置きに入っているのだ。
ただ、紙資料は、ボールペンで落書きがされてしまうのである。
ぐりぐり。
# この落書きはとても役立つ落書きである。
これはどう解決しようか……

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=toys-jp%26field-keywords=%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%9B%E3%81%84%E3%80%80%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%A9%26results-process=default%26dispatch=search/ref=pd_sl_aw_tops-5_toys-jp_400688973_1&results-process=default?tag2=jp-ja-google-22
もう、これでいいんじゃないか、とも思ってしまう。
そうでなくとも、ボールペンと変わらない書き味で書ける、
電子ペーパー用ペンがあればいいのかもしれない。
フェルトペン系であれば、傷つけずに書けて、
簡単に消せるペンも可能だろうか。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
http://www.melma.com/backnumber_45071_2247186/
さて、一般名称は分からないが、この磁石でお絵かきするボード。
黒色しかないのはなぜかと思っていたら、
あの黒は基本的に砂鉄の色だったのか。
今では上記のように、カラフルな製品も出ているのですね。


一般名称を固有名称に使用するのは避けた方がいいですよ、と。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
人間の腕にUSBコネクタをつける、という話とは、
おそらくあまり関係ない。

X-MENも読みたいなぁ。
posted by Hacky=SugarSun at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原理主義とは 〜パロディ好きの原作至上主義者の戯言〜

書き散らしは続く:

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | ひろゆきが小6の頃の卒業文集
http://www.kajisoku.com/archives/eid1099.html
多砲塔戦車 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%A0%B2%E5%A1%94%E6%88%A6%E8%BB%8A

もちろん、二つの記事は関連している。
私にとって。

詳しい解説を加えようかとも思ったが、やめる。それは野暮だ。
私にとって。

一ついえるのは、
「だれかひろゆきの絵をAAに」
というリクエストにサンドウォームで答えた
>>44 ID:cXXCgy0q0 のセンスの良さである。

巷で噂のひろゆきさんと趣味が重なったのは
嬉しいやら悲しいやら。
# ある意味予想の範囲内ではあるが。
ところで、彼は『デューン/砂の惑星』を
見た/読んだことがあるのだろうか。
私はおぼろげに映画版を見た気がするのだが、さて?
本当に見たことがあるのだろうか。原作を読みたいものだ。
posted by Hacky=SugarSun at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私とWindows または 窓の向こうの窓たち

書き散らしは続く:

「オープンソースの問題の一つは
略称が "OS" になることだと思うんだ」
-- Hacky=SugarSun --

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
Windows1.01からのデスクトップ変遷 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060414_windows101/
何度か機会があるたびに書いたり言ったりしている
# 私が書いたりしゃべったりする内容は、
# 大体が使いまわされているネタなので、
# 同じ話を何度も聞いた人も多いと思う。
ことだが、私の場合、
Windows遍歴は 3.1 から始まる。
マルチメディア、マルチメディアとみんなで歌っていたことと、
起動時の水色のモノリスがとても懐かしい。
CD を wav に録音してみたりしていた。
ソフトバンクも嫌いではなかった。
雑誌「Oh!PC」には、その前の PC98 時代からお世話になった。

Windows95 は
当時、コンパイル(ステーションとか、ハートではなく無印)のDiscStationが95用ゲーム掲載になっても、導入されず、
雑誌は買うがプレイできない月日がしばらく続いた。

で、Pentium (KatmaiだかCoppermineだかそのあたりだと思う)
600MHz の載った機体を買ってもらい、
Windows98 を使い出したとのだと思う。
このあたりの記憶は曖昧だが、結構後々まで使っていたので、
Windows95ではなかったと思うし、もしかしたら、
Windows95はほとんど(もしくはまったく)
使ったことがないのかもしれない。

WindowsMe は自分ではまったく使ったことがない。
上記の機体の次は、大学入学時に買ってもらった機体で、
WindowsXP Home だったのだから。
WindowsMeの思い出は、
友人の環境の再インストールを手伝ったことと、
フォントキャッシュが壊れたら、
セーフモードで起動すればいいよ、とアドバイスしたこと、
それと、なぜか NTT-ME のテレビCM である。
# 男の子が車に乗っていて 「〜 エムイー!」
# という音が流れるのは NTT-ME の CM でしたよね?
# もしかして、WindowsME?

で、既に話したことだが、Windows98SE はその後も
ノートPC上で使用しており、
この間、そのノートPCが時の流れに耐え切れなくなったため、
乗り換えて、Windows2000に至っている。

現在手元で稼動しているのは
WindowsXP(Home,Pro)
Windows2000Professionl
ついでに、もうすぐ入れ替えたい Linux(Debian Stable)である。

ちなみに、今でもソフトバンクは嫌いではない。
携帯もソフトバンクである。
よく考えてみると、どちらかというと好きかもしれない。く
posted by Hacky=SugarSun at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイバーミュージアム(違

書き散らしは続く:

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
サイバー大学
http://www.cyber-u.ac.jp/
サイバー大学 吉村作治学長インタビュー 社会人の応募者は本当に熱心だ | エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/society/20070208130030/JCast_5407.html
ナイト ミュージアム
http://movies.foxjapan.com/nightmuseum/

うん。最後のは吉村先生を見ていたら思い出したんだ(ぉ
放送大学とか興味があったけど、ついに出ましたね。

配信形式がどうなるかは分からないけど、
受信者は基本的に受講者なわけだから、
設備と受信者数とのスケールをすり合わせるのも
分かりやすいタスクな気がするし、個人的には好感。

問題は「世界遺産学部」があることかな(ぉ


で、ナイトミュージアムは、
メトロポリタンミュージアム(みんなのうた)成分何%ですか?(ぉぃ
# そういえば、読みたい読みたいと言いながら、
# 『クローディアの秘密』をまだ読んでいないぞ
# 早くどうにかしなさい >自分
posted by Hacky=SugarSun at 18:23| Comment(0) | TrackBack(1) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚れの排出とQemuのバージョンアップの話題

他人に読まれるかどうかは措いても、私にとって、
文章を書くことは脳の中身の掃除のようなものらしい。
何か最近、詰まっている気がする。

長らく休憩しすぎてしまい、どうにも自分が活きているのか、
腐っているのかすらも分からなくなってきた今日この頃である。
今朝方に、折り良くも、身体的には
血液だか、組織液だか、漿液だかなにかを排出したところなので、
脳みその裏も掃除しようと思う。
# 調べてみた:
# 漿液 - 1年生の解剖学辞典 - livedoor Wiki(ウィキ)
http://wiki.livedoor.jp/motoneuron/d/%DE%F9%B1%D5
# 粘性はかなり高かったので、出てきたのは粘液か。
# というか、私は血漿の意味で覚えていたらしい。

というわけで、書き散らし作業を開始する。
しかも、記事ごとに分ける。
そして、ポリコの町町長さんを裏切る。
掃除で出てくるのは大方が廃棄物なので、
あまり見ないことをお勧めしておく。
# いつもそうやって責任を放棄するのは悪いことである。

- / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - / - /
QEMU
http://fabrice.bellard.free.fr/qemu/
ついこの間、Qemu 上で Windows2000 を走らせて、
怪しげなファイルをダウンロードしたり、ばら撒いたりした挙句、
デフラグ
# 最近はこれ:
# JkDefrag v3.6
http://www.kessels.com/JkDefrag/index.html
をするという遊びに興じていたら、
*物理*ディスクがクラッシュ。
ファイルのいくつかが lost+found から発掘されました。
# FF7 のボーンビレッジのようなもの
# 「なくした物」が出てくる(ぉ
原因は別に Qemu の実行だけではないのでしょうが、
ちょっと嫌気が差して、
Windows98SE と Windows2000 の入ったディスクイメージを
消したところでした。

そんなタイミングで、Qemu のバージョンがあがるわけですよ。
ChangeLog の
- New qcow2 disk image format
- Mouse relative offset VNC extension
- PXE boot support
- '-daemonize' option
とか、気になるじゃないかー!
試してみたくなるじゃないかー!(ぇ


近いうちに物理ディスクその他の入れ替えが必至になり、
ついでに Debian も最近あれらしいので、
Linuxディストリの乗り換えでもしようかと思っています。
お勧めがあればどうぞ。
# Plan9 や Solaris10 はもうやらないからね!(ぉ
posted by Hacky=SugarSun at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。